丸子ぽろり。(長野上田の観光さがし)

長野県上田市にある丸子地域の観光を調査、発掘していきます。地域おこし協力隊のお仕事です。(ときどき趣味の話も)

ケツの青い春。 鹿教湯春イベ特集 「春祭り」「春フェス・ボードゲームスペース」

もうすぐGW近ですね。

皆さんはいかがお過ごしの予定でしょうか。

 

 

鹿教湯温泉は、そりゃあまあ一応観光地なわけですし、このタイミングで休んでいるわけにはいきません。

というか普段から温泉に浸かるのが日常になっているので、温泉旅行にいこうという発想になりません。

 

その代わりといってはなんですが、鹿教湯温泉はGWに向けて春のイベントがぎっしり詰まっています。

いちおう僕も、そのすべてに何らかの形で関わらせてもらっているので、けっこう忙しなくバタバタした日常を送っている次第で。

なんやかんや、準備に企画と、お祭りの前ってのは大変ながらも楽しいもんですね。

 

そんな勢いのまま、GW中もぎっしりイベントの予定入れちゃいました。

鹿教湯温泉の観光担当として、このタイミングで企画を仕掛けないと、大魚をみすみす逃すことになりますからね。

 

けっして一緒に遊びに行く友達がいないから仕事する、とかそういうことではありません。

 

ありません。

 

 

 

鹿教湯温泉 文殊堂春祭り

4月22日(日) 鹿教湯温泉文殊堂境内

f:id:marukochikiokoshi:20180412110435p:plain

f:id:marukochikiokoshi:20180412110440p:plain

 

 

先日告知していた、鹿教湯温泉文殊堂の春祭りがいよいよ明日の4月22日、日曜日に開催されます。

 

内容は前回ある程度紹介したと思うので、今回は割愛します。

僕としては2年連続でチラシを作らせていただいた身として、できる限りお客さんのご来場を願いたいものです。

というかもしお客さんが少なければ、宣伝方法がチラシとポスターしかないので、考えようによっちゃ全部僕の責任になっちゃうんですよね。

 

おまけに今回はおふざけ半分のデザインだったりするので、今更ながらプレッシャーに打ちひしがれております。

 

なので皆さん、ぜひ来てください。

そして嘘でもいいので「ポスターとチラシを見て来ました」と言ってください。

今後の励みになります。

 

 

かけゆの春フェス! 

4月30日(月) 鹿教湯温泉交流センター

f:id:marukochikiokoshi:20180420231711j:plain

(映画のポスターみたいで素敵ですね。かけ爺がヨーダみたいに見えます)

 

 

さて、春祭りの一週間後、鹿教湯温泉にまた春のイベントが訪れます。

 

その名も「かけゆの春フェス!」

 

フェスという名前を聞くと、なんとなく音楽系のイベントをイメージされるかもしれませんが、

この春フェスは、もちろんアーティストの方々の演奏もありますが、

フリーマーケット、各種ワークショップが行われるため、いろいろな場所を練り歩きながら楽しむことができるイベントになっています。

 

f:id:marukochikiokoshi:20180420233030j:plain

ご当地ヒーロー、もっと前出てもいいんやで…。

 

しかし、去年は本当にこのイベント大変でした。

体は鞭打ちになるし、普段使わない筋肉を使ったから体中筋肉痛だし。

 

え? 何でそんなことになったかって、そりゃプロレ

 

かけU-MAって人が、無謀にも信州プロレスのリングに上がってボコボコにされたらしいですよ。

どんな奴かは知らないですけど、今は山の中で冬眠明けの熊とかに食べられちゃったんじゃないですかね。

f:id:marukochikiokoshi:20180420233802p:plain

 

そんな鹿教湯の未確認生命体の安否などはどうでもいいのですが、残念ながら今年はプロレスはないそうです。

その代わり、空いたスペースをつかって多数のワークショップを開催することになりました。

 

その一つとして、

『カケユ温泉 ボードゲームスペース』を出店いたします!!

f:id:marukochikiokoshi:20180420234913j:plain

f:id:marukochikiokoshi:20180420234915j:plain

 

内容は、まあチラシを見ていただければ書いてあるのですが、基本的には休憩場や子供スペースを含めたフリースペースといった感じです。

 

そのためボードゲームスペースとはいっても、遊戯王をやる子供もいれば、親子で休憩しながら軽いカードゲームをする、みたいなゆるいものだとお考えください。

 

ただボードゲームの種類に関しては、今回とある予算から落とすことができたので、以前の鹿教湯温泉で開催されたボードゲーム会より多くなりました。

 

marukokanko.hatenablog.com

 

だいたい40~50くらいですかね。

子供向けのゲームも買い足したので、幅広い年齢層の方が参加できるようになりました。

 

ただし会場がひろく、ゲームの数も多いこともあって、僕が各ゲームの解説を行うことは難しくなりました。

そのため、貸し出す段階で軽い説明はいたしますが、実際のルールはその場で覚えていただく形になるかと思います。

心配な人は、なるべくかんたんなゲームをお選びいたしますので、お気軽にご相談ください。

 

さて、盛り上がってまいりました鹿教湯温泉の春。

なんだかんだ、忙しいけど楽しいですね。

 

事情があって学生の頃やったことなかったけど、なんか学園祭の準備をしているみたい。

自分のやりたいことが分かって、試して、認められて、また作って。

なつかしい演劇をやっていた頃の、がむしゃらな感じが戻ってきた気がします。

 

 

もしかしてこれが「青春」ってやつなんでしょうか?

 

 

青い春と書いて青春。

 

27の僕が着こなすには、ちょっと鮮やか過ぎるかな。

 

青いのはケツだけってね。

 

 

ツイッターやってます。

興味があれば下からどうぞ!

twitter.com