丸子ぽろり。(長野上田の観光さがし)

長野県上田市にある丸子地域の観光を調査、発掘していきます。地域おこし協力隊のお仕事です。(ときどき趣味の話も)

「フレディや 女王や歌や 鹿教湯温泉」(字余り) ~鹿教湯温泉紀行 詩歌掲示板~

 

すっごい今更ですが、

 

f:id:marukochikiokoshi:20190117135245j:plain

映画『ボヘミアン・ラプソディ』公式サイト 大ヒット上映中!

 

 

ボヘミアン・ラプソディ見てきました。

 

ああ…めっちゃおもろかった…。

しかもIMAXの大音響、大スクリーンで…。

 

ほんと見終わったあと、ふぁぁぁぁぁって溜息出るくらいよかった。

正直クイーンのことよく知らなかったけど、それでもこの映画と音楽がいいってことは分かる。

 

今でも頭の中に、ドン・ストッピナー♪ って流れながら仕事してるくらい。

 

ファーレンファイトさんがどんな人なのか知らないけど、かっこええ…。

 

キラークイーンって初期の歌だったんだ…。

 

てか日本のツアーでブレイクしたんだねー。

 

 

なにより、映画なので音楽部分も字幕がついていて、日本語訳の歌詞が分かるのがありがたい。

あの歌はこんな意味が込められていたのか! っていう二重の意味での楽しさがある。

 

洋楽ってどうしてもメロディで選んじゃうところあるからさ。

原曲の歌詞とか知らずに、空耳アワーとか流行りましたよね。

 

www.youtube.com

 

 

もう公開してからだいぶ経ってるけど、かなりロングランしてるし、まだやっている映画館も多いハズ。

 

せっかくのいい音楽なんだから映画館で大音響で聞こう!!

もちろん音楽以外の部分も、フレディを中心としたクイーンのストーリーが面白いよ!!

 

Bohemian Rhapsody (The Original Soundtrack)

Bohemian Rhapsody (The Original Soundtrack)

 

 

 

鹿教湯温泉紀行詩歌掲示

 

と感動のまま喋ってきましたが、

このブログは上田市丸子地域・鹿教湯温泉の観光振興ブログ。

 

クイーンが来訪したという話は無いし、IMAXどころかそもそも映画館がありません。

 

でもせっかく音楽の話題が出たのだから、今回は鹿教湯温泉で楽しめる歌について紹介しましょう。

 

そう、日本の伝統的な歌といえば、もちろん、

 

f:id:marukochikiokoshi:20190116115543j:plain

f:id:marukochikiokoshi:20190117145226j:plain

f:id:marukochikiokoshi:20190117145224j:plain

 

 

ハイクを詠め。カイシャクしてやる。

 

 

いや、詩歌かよ。てか俳句じゃないし。

 

 

はい、先日更新させていただきましたブログにて載せさせていただきました、

私の今年の抱負(冗談)です。

 

 

この板は鹿教湯温泉紀行詩歌掲示板という、

鹿教湯温泉に来た人々が、旅の思い出や鹿教湯の情景の俳句や詩を書いて飾る絵馬みたいなものなのです。

 

f:id:marukochikiokoshi:20190117160202j:plain

 

あまりに景色に馴染みすぎていて、いままで忘れていました。

もちろん使ったことはないし。

 

 

俳句や詩というと、どうしてもかたっ苦しいイメージがありますが、

実際書いてみると俳句や川柳は5・7・5のルールがある分、

通常の歌よりも作りやすいような気がします。

 

現代の音楽やキャッチフレーズ、セリフなどでもこの5・7・5のリズムが利用されることもありますし、

簡潔かつ雅に伝えることの出来る俳句は、洗練された一つの芸術と言えるかもしれませんね。

f:id:marukochikiokoshi:20190117152012j:plain

 

 

ただ「字余り」とか「字足らず」とかはちょっとずるくない? って思う時がある。

 

例えば、

「エグゾディア4枚しか揃ってないけど、かっこいいから勝利な」とか言われても納得出来ないじゃん。(※1)

f:id:marukochikiokoshi:20190117152846j:plain

 

ボクサーが計量でオーバーしたにもかかわらず、次の日試合して勝ったってなんの意味もないじゃん。

 

 

5・7・5に収めるっていうのが俳句や川柳の最大の特徴なのに、

一応定められたルールは守ろうよ。それじゃあ何でもありじゃん。

 

それですごいって言われてもなぁ……。

 

 

まあそんなルールを逸脱しても、良いと思える魅力を持っているということなのかなぁ。

なんかずるいけど。

 

 

f:id:marukochikiokoshi:20190116115543j:plain(お前が言うな)

 

 

と話がそれてしまいましたが、こんな詩歌を旅の思い出に鹿教湯温泉掲示板に飾っていけるサービスなわけです。

 

お土産は持って帰るものと思いがちですが、自分が来た痕跡を残すというのも1つの楽しみ方だと思います。

 

以前来たときの詩歌を見つけて、思い出を振り返るのもいいかもしれません。

 

 

こちらの木の板ですが、鹿教湯温泉の交流センターでいただくことができます。

f:id:marukochikiokoshi:20190117155012j:plain

 

友達であれこれ言いながら作るもよし、

自分の子供に作り方を教えるもよし、

一人でも、自分の書いた詩を誰かが見て、笑ったり感心したり馬鹿にされたりする姿を思い浮かべるもよしです。

 

恥ずかしければ、5・7・5大喜利大会にしてしまってもいいのです。

 

 

「字余り」「字足らず」が許されるなら、

鹿教湯温泉にちなんだ」というルールにだって、多少目を目を瞑ってもいいだろうと思います。

f:id:marukochikiokoshi:20190117155940j:plain



 

それでは皆さん、ガリレオフィガロ~♪

 

Greatest Hits (Remastered)

Greatest Hits (Remastered)

 

 

 

 

 

※1封印されしエグゾディア

カードゲーム遊戯王において、登場から今までにおいて、ずっと最強と言われているモンスター。

遊戯王はモンスターなどで攻撃し、相手のポイントを先に0にしたほうが勝ちってルールだけど、

こいつは手札に「顔」「右手」「左手」「右足」「左足」のカードが揃った時点で勝利するいう、トンデモルールブレイカーなのだ。

理屈だけで言えば、最初に引いたカードがこれなら一発で勝利することも出来る。 

おかげで子供の頃は「右足」だけ、「左手」のみしか持ってない、パーツ難民が続出した。

f:id:marukochikiokoshi:20190117161842j:plain

 

 

 

ツイッターやってます。

興味があれば下からどうぞ!

twitter.com